短期売買

ある銘柄が急騰したときにそれにつられるような形で、急騰する銘柄があります。このような値動きをする銘柄は、短期売買を手がける個人投資家がそのような株式の売買に飛びついた結果起こります。

しかし、このような売買は腰の座った株式売買ではないので、ほんの数日でその上がった株価は元の水準に戻ってしまうことがよくあります。このような株式を保有しているときは、この一時的な株価の急騰で持ち株を売りぬけ、また株価が安くなったときに買い戻すことをすればいいと思います。

リンクメニュー

 FXで稼ぐ 

他のジャンル

FX情報 

サイトインフォ

ご利用ルール
管理者について

投資信託で稼ぐ

fsfhuskkf 投資信託は、敷居が低くお手軽に始められる金融商品です。投資信託とは、たくさんの投資家から集めた資金を専門トレーダーが国内株、海外株、国内債券、海外債券、新興国株、新興国債券、貴金属、不動産など、幅広い金融商品に分散投資する金融商品です。

<投資信託の特徴>

個々人の投資家では、幅広い分野への投資は時間も手間もかかりますし、十分な知識を持っていないと容易には行えません。投資信託は、個々人では無理な幅広い分野への分散投資を代行して行ってくれるというのが最大の特徴です。投資初心者の方や、本業があり忙しい人は特におすすめです。銀行の普通預金や定期預金より利回りをよくしたいとお考えの方にも良いでしょう。

また、株式投資だけなど偏った投資をしていて、よりリスクを低く分散投資がしたいとお考えの方にも向いている金融商品です。株式投資やFXを個人で行っていると、各企業の景気分析や通貨の変動が気になり夜も眠れない、情報収集をするだけでも大変と感じることはないでしょうか。しかし、投資信託ではファンドがすべて運用管理してくれるので、精神的負担も手間も省くことができるのです。

レファレンス: 【HIGHLOW.CC】

<投資信託の種類>

MMF・MRF・ETF・REITなどがあります。基本的には、銀行預金と同じようにお金を入金するだけの作業となります。申し込みは銀行などの窓口、インターネットなどから可能です。ファンドでは、様々なタイプの投資信託を用意していますので、自分がどのタイプに投資しようかを考えておくとよいでしょう。

購入時に、購入手数料がかかる場合が多いです。ファンドや投資金額により異なるので注意しましょう。サラリーマンの場合、雑収入などの給与収入以外の所得が20万円以上ありますと、確定申告が必要になります。確定申告は手間がかかりますので、源泉徴収あり特定口座を開設することをおすすめします。その場合、税金は売却益・分配金から自動的に引かれます。

NISA(非課税口座)も対応していますので、節税対策として使用するのもよいでしょう。

<投資信託の安全性>

投資信託は、元本保証されていないというのは頭に入れておいてください。しかし、元本割れを起こしたことのない商品もありますし、複数のファンドに投資をして投資信託の中でもリスクを分散することが可能です。利回りの高い投資信託と、利回りの低い投資信託を合わせて持つことでさらなるリスクの分散を図ることも出来るのです。