短期売買

ある銘柄が急騰したときにそれにつられるような形で、急騰する銘柄があります。このような値動きをする銘柄は、短期売買を手がける個人投資家がそのような株式の売買に飛びついた結果起こります。

しかし、このような売買は腰の座った株式売買ではないので、ほんの数日でその上がった株価は元の水準に戻ってしまうことがよくあります。このような株式を保有しているときは、この一時的な株価の急騰で持ち株を売りぬけ、また株価が安くなったときに買い戻すことをすればいいと思います。

リンクメニュー

 FXで稼ぐ 

他のジャンル

FX情報 

サイトインフォ

ご利用ルール
管理者について

バイナリーオプションの取引ルール

 バイナリーオプションは、通貨や株、エネルギー、商品といった様々な相場のレート変動を利用した投資取引になり、「現在の相場のレートが、一定時間後に、あらかじめ決められている条件を達成できるかどうか」をいう基本の取り決めに則り、様々な取引ルールが用意されています。

こうしたものの中で、もっともよく利用されている銘柄、取引ルールは通貨を利用した「ハイ&ローオプション」でしょう。
現在の1ドル100円の為替相場のレートは、2時間後には、1ドル110円よりも高くなっているか、低くなっているか、という二者択一の選択は、多くの人たちから理解しやすいとの共感を得て、今でも多くのバイナリーオプションの取引業者が採用をしています。

もちろん、取引ルールはこれだけではなく、取引業者の取り扱いによっては、実に様々なものが用意されており、そんな中でも大きな特徴を持つものが「タッチオプション」になります。

タッチオプションの取引ルールは「一定の判定時間内に、あらかじめ設定されている価格に、相場レートが一度でもタッチするかどうか」というものになります。
ハイ&ローオプションのように、判定時間が来るまでは投資の結果がどうなるのかがわからない取引ルールではなく、目標の価格にレートが到達すれば条件が達成になるために、判定時間の満期を待たずに取引きの成功が確定し、逆に、判定期間が満期になってしまった場合には、投資が失敗するという取引ルールになっています。

こうした取引ルールから、比較的に長い時間の設定がされることが多く、また、時間が長くなればなるほど達成する可能性も高くなっていきます。
また、設定の価格が現在の相場から離れていればいるほど、ペイアウト倍率が高くなったり、投資のためのチケット代が安くなったりするなどして、比較的大きな利益率を設定されることも多く、短期間でコツコツと利益を積み上げていくハイ&ローオプションとは、対照的な取引ルールといえるかもしれません。

タッチオプションの取引ルールが有効なのは、比較的に乱れた相場のほうがその条件達成がしやすいでしょう。
穏やかな相場が続くような場合よりも、例えば通貨が銘柄であれば、経済指標の発表の前後などは、為替相場の値動きも活発になるために、レートの変動幅も大きくなり、タッチオプションの条件を達成を大きく後押ししてくれるでしょう。

このように、バイナリーオプションでは相場の条件や変動の具合などによって、様々な取引ルールを使い分けることにより、より戦略的に取引きを進めていくことができます。
また、こうした取引ルールの取り扱いや、それらのルールの細かい設定などは、バイナリーオプションの取引業者によって差異がありますので、まずはいろいろな取引業者の公式ウェブなどを見て回り、どんなルールや設定があるのかを確認することをお勧めします。