短期売買

ある銘柄が急騰したときにそれにつられるような形で、急騰する銘柄があります。このような値動きをする銘柄は、短期売買を手がける個人投資家がそのような株式の売買に飛びついた結果起こります。

しかし、このような売買は腰の座った株式売買ではないので、ほんの数日でその上がった株価は元の水準に戻ってしまうことがよくあります。このような株式を保有しているときは、この一時的な株価の急騰で持ち株を売りぬけ、また株価が安くなったときに買い戻すことをすればいいと思います。

リンクメニュー

 FXで稼ぐ 

他のジャンル

FX情報 

サイトインフォ

ご利用ルール
管理者について

投資に関する費用・手数料について

fsfdhhhkf 投資を行う際、事前確認をしておく必要がある一つに手数料があります。銀行口座の入出金でも手数料がかかります。証券口座では更に金融商品の売買取引の際にも手数料がかかることがありますので、注意が必要です。手数料を含めて金融機関・金融商品選びを考えて、「手数料で損をした」ということにならないようにしましょう。

<投資主と証券口座間の入出金際の流れ>

投資主と証券会社とのお金のやり取りは主に以下のようになっています。

・入金時 ATM→銀行口座→証券口座
・出金時 証券口座→銀行口座→ATM

入出金において手数料がかかってくるのは、上記の4つの矢印の箇所です。



<ATMから銀行口座に入金する時の手数料>

ATMで銀行口座に入金する際にも、手数料がかかることがあります。例えば、夜間の入金や他行ATMからの入金が当たります。時間外手数料を無料にしたい場合、住信SBIネット銀行はセブンイレブンATMから入金が24時間何度でも無料などの条件がある銀行を選ぶとよいでしょう。

<銀行口座から証券口座に入金する時の手数料>

この場合、証券会社は、手数料無料の即時入金サービスをお客様に提供していることが多いです。このサービスの対象となる銀行の口座を利用しての入金であれば、手数料は無料となります。

しかも、即座に口座に反映されるので、非常に便利です。対象口座でなくても、住信SBIネット銀行のように他行への振り込みが月3回まで手数料無料というサービスを提供している場合もあります。

<証券口座から銀行口座に出金する時の手数料>

ネット証券は基本手数料無料であることが多いです。出金時の手数料についても必ず確認しましょう。入れる時以上に、出す時の場合の方が手数料は取られやすくなっています。

<銀行口座からATMで現金へ出金時の手数料>

各銀行により、手数料のかかる時間などが異なります。先ほど紹介した住信SBIネット銀行はセブンイレブンATMから出金が24時間何度でも無料となっています。お客様と証券口座間で入出金するには4回のお金の移動が必要になります。それぞれにおいて手数料がかかった場合、数百円を余分に支払うことになってしまいます。数百円であっても、年に何回も入出金を繰り返せば外食しておいしい食事ができてしまう金額になるでしょう。出来る限り手数料の発生しない銀行・証券会社を選ぶのも投資を始める際のポイントとなります。


その他の手数料について

証券口座の開設費・維持費などは、ネット証券であれば大体の場合において無料です。実店舗型の総合証券会社となると、こうした手数料がかかる傾向がありますので注意しましょう。