短期売買

ある銘柄が急騰したときにそれにつられるような形で、急騰する銘柄があります。このような値動きをする銘柄は、短期売買を手がける個人投資家がそのような株式の売買に飛びついた結果起こります。

しかし、このような売買は腰の座った株式売買ではないので、ほんの数日でその上がった株価は元の水準に戻ってしまうことがよくあります。このような株式を保有しているときは、この一時的な株価の急騰で持ち株を売りぬけ、また株価が安くなったときに買い戻すことをすればいいと思います。

リンクメニュー

 FXで稼ぐ 

他のジャンル

FX情報 

サイトインフォ

ご利用ルール
管理者について

FXでのテクニカル分析

 FXでは、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用し、その為替差益を求めて通貨を相互に売買して取引きを行っているために、この為替レートの動きを予測していくことが必要になってきます。

外国為替市場の為替相場は、世界中に点在する為替市場をインターネットなどの通信網を利用して相互的に連携させた上に成り立っている、仮想の巨大電子市場であるため、あらゆる国の銀行や企業、個人投資家などが24時間常に参加をしていることから、その為替レートの変動を予測していくことは、非常に困難とされています。

こうした予測の難しい為替相場の変動を予測する手法として、FXでは「ファンダメンタル分析」と、「テクニカル分析」という手法がよく用いられています。
ファンダメンタル分析は、各国の経済指標や政治動向などから、外国為替市場の包括的、かつ長期的な動きを予測していくもので、これに対して、テクニカル分析は、過去の為替相場の数値やレートの変動などから、その先の実質的、短期的な直接のレートの動きを予測していくものになります。

この二つの分析手法を相互的に活用していくことによって、FXでは相場変動の予測精度を上げていくことで、投資取引を有利にすることができます。
また、とくのテクニカル分析では、分析していく期間やその対象などによって、様々なものがあるために、これらの分析のいわば道具のようなものの仕組みを理解し、何度も利用して使い方を覚え、その感覚に慣れていくことが必要になります。

基本的には、為替相場のレート変動は、様々な売買注文が繰り返して行われているために、細かな上下動を繰り返しています。
この細かな上下動を繰り返したまま、レートの動きは大きな波形の上下動へつながっていき、この動きがさらに大きな数日間、数週間という巨大な波の動きを作り出していきます。

こうした波の動きを、それぞれの測定期間で区切っていくのですが、その期間内で小さな上下動を繰り返しながら、一方向に大きく上がっていく、または下がっていく動きを「トレンド相場」といい、上がっていくものを「上昇トレンド」、下がっていくものを「下降トレンド」と呼んでいます。
また、これに対し、売買の動きが拮抗してだんだんとトレンドが収まり、ほどんど停滞しているような相場のことを「レンジ相場」や「ボックス相場」と呼んでいるのです。

こうした為替レートの動きを読み解いていくものがテクニカル分析になり、用途に合わせて様々なものがあるのですが、中でも代表的なものが「ローソク足チャート」と呼ばれるものになります。

このローソク足は、分足、5分足、30分足、1時間足、日足、週足など、測定した期間に合わせて様々に変化させることができ、その定めた期間内の始値、終値、上値、下値、の四つの値を一本の線で表すことにより、どのように為替レートが動いていったのかを知ることができるのです。

こうしたものを用いることで、過去の為替相場のレート変動の様子が図表化されて分かるために、そこからの法則性をそのまま延長していくことにより、これから先の為替レートの変動を読み解いていくことができるのです。