短期売買

ある銘柄が急騰したときにそれにつられるような形で、急騰する銘柄があります。このような値動きをする銘柄は、短期売買を手がける個人投資家がそのような株式の売買に飛びついた結果起こります。

しかし、このような売買は腰の座った株式売買ではないので、ほんの数日でその上がった株価は元の水準に戻ってしまうことがよくあります。このような株式を保有しているときは、この一時的な株価の急騰で持ち株を売りぬけ、また株価が安くなったときに買い戻すことをすればいいと思います。

リンクメニュー

 FXで稼ぐ 

他のジャンル

FX情報 

サイトインフォ

ご利用ルール
管理者について

指数とはなにか?

ffdhjdikkf 指数とは、インデックスとも呼ばれ、主に投資においては、証券市場全体や株式市場全体の価格の時間的変動を表す数値のことです。国内における代表的な指数として、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)があります。日経平均株価は、東証一部上場企業の中から225社を選び、算出しています。日々変化する経済状況を指数で簡単に確認することも出来るので、知っておくと非常に便利です。XM詳細情報はこちらを参考にしてください。

たくさんの指数が世界中で用いられているので、投資先金融商品がどの指数に影響されるかは勉強しておきましょう。中には、心理面を数値化した「恐怖指数」というものもあります。正式には、「VIX指数」(Volatility Indexの略)と言います。ウェブトレーダーの中でこの指標が表示されているので見たこともある方も多いかもしれません。投資家心理を数値として表し、数値が高いほど経済や相場の先行きに不安感を持っていることを意味します。

指数を意識するのは、投資信託やETF、REITなど指数に連動して動くことを目的とした金融商品です。指数の変動がリアルに収益に影響するようになっています。日経平均株価が上がったからと言って、保有している株価が上がるとは限りません。個々の株や債券への投資の場合には、指数は、参考にする程度で問題ないでしょう。

指数は投資信託を選ぶ際の実質的な投資対象となるので、どの指数を対象とした商品を選ぶかが重要となります。世界的な株価指数を指すMSCI指数は、先進国から新興国まで様々な分野の株価を指数の対象としています。投資のプロとされる投資家の多くが採用していることもあり、規模の大きい指数に投資するほど、リスクの分散が可能になるとも言えます。

<投資関係の専門用語・指数やファンドの呼び方>

正直、投資初心者の方は、ニュースを読んでいても聞いたことのないような言葉がたくさん出てきて、理解するだけでも大変だったりします。指数やファンドの名前は、カタカナや英字略称も多くなっているため仕方がない面もあります。しかし、時に重要なニュースが報じられている時もあるため、無関係とはいきません。

呼び名の意味を知っていれば、指数名やファンド名を見ただけで、どんな投資内容なのか、自分に関係のある情報なのかを、すぐに判別できるようになります。企業名や地域名以外によく使われる指数・ファンドなどを、以下に載せましたので参考にしてください。また、当サイトで登場する専門用語も載せます。

グローバル(バランス)    世界(世界への分散投資)
インターナショナル 自国以外への投資
エマージング    新興国
フロンティア    新興国中の新興国、開拓地

オープン    追加型(あとからも投資できる)
クローズ    単位型(1回かぎりの固定投資)

エクイティ、ストック    株式
ボンド    債券

ソブリン、ハイグレード    高格付債券(先進国債券)
ハイイールド、ジャンク    低格付債券(新興国債券)

ゴールド    純金
REIT(リート)    不動産

カレンシー    通貨
ハードカレンシー    国際決済通貨

インカム    配当
キャピタルゲイン 売却益

デリバティブ 金融派生商品
アセットアロケーション 資産分配